すべて 変更点 オンライン合法カジノリゾート参入方針

政府: カジノは2020年までに3ヵ所前後、認める検討へ

オンライン合法カジノリゾート参入方針 – 396147

サンズは、自らの潤沢な資金やライバルを圧倒する時価総額も利点だと強調する。アデルソン氏は東京の記者会見で、「われわれは借り入れをせずに100億ドルを投資できる。ライバルにはできない」と胸を張った。 しかし、CLSAのアナリスト、アーロン・フィッシャー氏は、カジノ運営会社にとって資金力は深刻な問題にならないとみている。カジノ事業を有望とみる銀行から、積極的な融資を期待できるからだ。フィッシャー氏は、そのうえで、政治的コネも重要なポイントになる可能性があると指摘している。

日本は「世界3位」のカジノ市場に化ける可能性

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。

IR企業動向:500 説明会@沖縄「日本IRレース参入。中国富裕層の集客力。日本企業と合弁」

日本の統合型リゾート(Integrated Resort、以下「IR」という。)の議論においては、カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響〔依存症、マネー・ローンダリング(Anti-Money Laundering:以下、「AML」という。)等〕への対応につき、世界最高水準のカジノ規制を導入することで、万全を期すことがIR推進本部会合にて安倍内閣総理大臣によって発表されました。 カジノ事業者は、カジノ行為に対する依存を防止するため、カジノ管理委員会規則で定めるところにより、依存防止規程に従って、以下に掲げる、カジノ施設を利用させることが不適切であると認められる者のカジノ施設の利用を制限する措置を講じる必要がある。 1。 カジノ入場者又はその家族その他の関係者の申出により当該入場者のカジノ施設の利用を制限する措置 2。 カジノ行為に対する依存による悪影響を防止する観点から、カジノ施設を利用させることが不適切であると認められる者のカジノ施設の利用を制限する措置 3。 カジノ施設の利用に関する入場者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他のカジノ施設の利用に関する入場者の適切な判断を助けるための措置 4。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

WiFi new.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*