すべて 変更点 地方にもカジノゲームの確率計算

カジノで遊ぶ時に身につけるべきカジノ 必勝法

地方にもカジノゲームの確率計算 – 316753

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です! 今回は ギャンブルを勝ち抜くために欠かせない還元率 についてご紹介していきます。

これからの時代に必要な金融知識と考え方を。

ルーレット カジノの女王と呼ばれ、年以上の歴史を持つもっとも古いカジノゲームの一つ。 ブラックジャック カジノで最も設置台数が多く、奥の深いゲーム性で世界から愛されるカードゲーム。 ミニバカラ ゲームの勝敗、決着スピードの速さから「カジノの王様」と呼ばれるカードゲーム。

使用する代表的な道具

クラップス は、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けるのは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。 ルーレット は、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字に近いところにボールを落とせると思います。( 昔はズバリ狙えるディーラーがたくさんいた そう)。 バカラ も難しそうなゲームと思いつつ、とっても単純なゲーム。ですがこのゲームは、どちらが勝つかを予想するだけで、ゲームの勝敗にあなたの意思は関係ありません。ですから運に左右されます。オンカジでは、日本人が好きなテーブルゲームがこのバカラです。ハウスエッジの高い【引き分け】には間違っても賭けないように。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。

IR*ゲーミング学会

経済学の教科書によると、情報の非対称性 Information Asymmetry とは、二つの経済主体が、取引や契約などの何らかの関係にあるとき、一方の経済主体が他方の経済主体よりも多く情報を持っている、つまり、情報が偏在している状況を意味する。この情報の非対称性がある場合、情報をより多く持っている主体がその立場を悪用して、不正を働くことがある(卑近な例では、資金の貸出人は借入人がどのように金を使い、活用し、返済を考えているかを正確に知ることはできない。これを悪用して、借入人が借金を踏み倒すような事象を情報の非対称性を悪用したモラル・ハザードという)。カジノの場合にもこれは起こりうる。ハウスと顧客が保持する情報が必ずしも同じレベルではないことを悪用して、ハウス側が不正な行為により顧客をだます可能性を意味する。たとえば、顧客はゲームのルールが公正で、一方的に不利な状況にはないことを確認する手段をもたない。ルールの中に、顧客には解からないように、一方的にハウスにとり確率的に有利な前提を設定することは不可能ではない(これは、顧客勝ち分の配当に関するルールを顧客に解らないようにハウスに有利に設定するなどの考え方になる。説明しない限り、これを顧客は理解することができない)。あるいは、スロット・マシーン等の電子式ゲームは一定の論理回路基準に基づき、公正な確率で顧客にあたりを設定することが制度上の義務となるのが通例だが、これを改ざんし、顧客にとって不利な設定をすれば顧客が勝つ確率は減ることになり、ハウスは確実に儲けることができる(遊技における確率設定の考え方と同じである)。この場合、顧客にとっては何らの情報もなく、そもそも騙されていることを理解する術がない。本来顧客が勝つ確率を正確に理解し、この理解の上に立ち、賭け金行動をすることが適切なのだが、情報の非対称性が存在すれば、そうはならなくなる。 僥倖(チャンス)に依存するゲームとは、勝つか負けるかは基本的には運や確率次第となり、ゲームに参加する誰でもが公平に、同じポジションにある賭博の在り方になるといえる。スロット・マシーンやルーレットによもやスキルがあると考える人はおるまい。スキルというよりもルーレット等では単なる確率と僥倖しか考える要素は無いのだから、お金の賭け方に工夫が必要な場合が多い 確率が高い賭け方に徹すれば、それだけ勝つ確率が多くなり、長い時間遊べることになる。但し、配当は当然少ない 。ややこしいのは、スキルかチャンスか、どちらがより大きな要素を占めているか判定に困る類のゲームが世の中には結構存在することにある。例えば卑近な例でいえば、遊技のパチスロはスキルのゲームなのか、あるいはチャンスのゲームなのかという課題がある。ものの本、攻略本によると、動態視力とか、押し込んで止めるとか、いかにもスキルであることが記載されているが、表面的には、誰が押しても僥倖のようにしか思えない。ブラックジャックなどのテーブル・ゲームはどうであろうか。配られたカードの中で如何なる選択肢を取るかは一定の定石みたいな考えがあり、これを守っていれば、勝つ確率は確実に向上するのだが、これは完璧なスキルとは言えない。これを知っていれば、確かに損する確率は減るが、必ず勝つことができるというわけではない。なんとなれば次に来るカードがどうなるかは、必ずしも読み取ることはできないからである。この様に、一定のスキルや知識は必要だが、僥倖も重要になるゲームは、ゲーム性が高く、単純な僥倖のみのゲームよりも人気が高い。このほか、技量(スキル)と共に全体を見る戦略が絶対要件となり、これに僥倖が加わるテクサス・ホールデム・ポーカー等も、あきらかに技量が無ければ勝てないのだが、僥倖という要素もあり、極めて人気の高いゲームとなっている。 このタイプの賭けごとのもう一つの特性は、インスタントくじの様な例外はあるにしろ、賭けごとの帰結がわかるまでの時間的スパンが比較的長いことにある。だからこそ、賭博をしているという感覚ではなくなってしまうのであろう。もっとも売上を増やすために、時間的スパンが短いスクラッチ・カード等のくじが多量に市場に投入される性向があったり、ジャック・ポットと呼ばれる最高賞金を高額にすることにより賭博性の高いくじが導入されたりして、多種多用なくじ系賭博種が市場に投入され、射幸性が高まりつつある。また、インターネットを用い、個人が保有するコンピューター端末を通じて、クレジット決済で電子的に宝くじを販売することが一部諸外国では試行されつつあり、わが国でも、年の制度改革により、くじのネット販売が実現する方向性にある。これにより、費用をかけずに、飛躍的なくじの拡販を実現できる可能性が高まる。一方、技術の発展は、これ以上に賭博行為を進化させつつある。スクラッチ・カードの原理を応用し、これをすべて電子化し、サーバーで管理しつつ、無数の端末機械で販売、このオペレーションをナノセカンドという瞬時に行ってしまうシステムと機材が欧米諸国に登場した。これをビデオ・ロッテリー・ターミナル(VLT)というのだが、顧客の立場から見れば、外見も、実際の遊び方も、実態もほとんどスロット・マシーンそのものの様に見える。但し、このロジック自体は宝くじ スクラッチ・カード で、たとえば数千台の機械をサーバーが管理し、サーバーが当たりくじを引き、端末機械が瞬時にそれを認識するという具合で機能する。この様に、技術やシステムの発展は、バンキング・ゲームとなるゲーミング賭博と一部のパリミュチュエル賭博との境目を限りなく無くす機械やシステムを提供するに至っている。制度や考え方から言えばロッテリーだが、実態は限りなくスロット・マシーンということになる。これをロッテリー販売の端末機械と称しているわけで、米国、カナダ、そして中国にはいまや無数のロッテリー端末機械(実態はスロットマシーン)が存在する。こうなると、何がロッテリーで、何がスロット・マシーンなのか、実際にこれを楽しむ顧客には全く理解できなくなってしまう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*