すべて クロニクル 適法性カンボジアカジノ

紀要の詳細内容(2009年-2013年)

適法性カンボジアカジノ – 981692

上記で見たとおり、現在の公営賭博の実際の運営を考慮した場合、その経営や運営に不正やいかさまが入る余地は極めて限定される。競技のメカニズムが電子化、情報武装化され、人間が介在できる余地が極めて限定されているからでもあり、これにより公営賭博自体が安全かつ健全な娯楽となる要素を提供しているといえるのかもしれない。この前提に立つ場合、賭博行為の提供の在り方には、本来様々な選択肢がありうると考えることができる。基本的な枠組みを公的主体が提供し、メリットを公的主体が享受しながら、事実行為としての運営や経営を 健全な 民間主体に委ねても、公正さと健全さは確保できると考えるべきであろう。公営賭博の民間委託への動きは、実はかかる考え方に沿ったアプローチでもある。「公営」であっても、公的主体の立ち位置を「主催者」の立場に留め、実際の運営は事実行為として「民」に委ね、効率性を期することも一つの重要な政策的選択肢になっている。最早賭博=官業という固定観念にとらわれるべきではない時代が来ているといえるのではないか。勿論これを担う主体には、廉潔性が要求され、当然のことながら、反社会勢力や暴力団組織等が関与していないことが全ての前提となる。

【谷岡学園ネットワーク】

カンボジア南部の港湾都市シアヌークビルにある中国資本の ホテル・ カジノ に対し現地シアヌークビル州当局が 違法営業と環境汚染 などを理由に営業停止処分を下し、5月24日に 強制的に閉鎖 されたことがわかった。 米政府系放送局「 ラジオ・フリー・アジア( RFA ) 」が伝えたもので、近年続く中国からの投資拡大にともなう中国人労働者や中国人観光客の急増が原因とされるシアヌークビルの 「野放図な中国化」 に歯止めがかかるものとして地元では注目されている。 島の一角にあり、海に面した 「金鼎大酒店( Jin Ding Hotel )」 はカジノも併設された中国資本 「金鼎国際娯楽公司」 が経営するホテル・カジノとして中国人観光客で賑わっていた。 地元紙「プノンペン・ポスト」の年3月13日の報道によると、同ホテルは適正な営業許可を受けていない不法営業であることに加えてホテル内の汚水を適正に処理することなくそのまま海に垂れ流し、海水を汚染していることなどから州当局はホテルとカジノの 営業停止、施設の閉鎖命令 を出した。

1 国内犯|犯罪行為地の解釈論|概要

本記事では賭博罪における国内犯の解釈論を説明します。 というのは,賭博罪は『国内犯』だけが処罰対象とされているのです。 オンラインカジノでは『国内犯』に該当するかどうかが問題となります。 『国内犯』のルール自体については別に説明しています。 詳しくはこちら|国内犯|解釈論・基本|インターネッツ経由の賭博系・表現系犯罪 『国内犯』のルールの概要をここにまとめておきます。 ア 賭博の『結果』=国外 国外のオンラインカジノ(のサーバー)で生じている イ 賭博の『行為』=日本 インターネットに接続した日本国内のPC・スマホなどの端末から行われている ウ 結論 形式的には『偏在説』によると『国内犯』に該当する。 オンラインカジノ・リアルカジノへの参加ツアー(を企画した旅行会社)のいずれも『賭博罪成立』になってしまいます。 違和感を覚える状態です。 1回視点を引いて,常識的に考えてみます。 学説レベルでは,最低限『旅行・ツアーの企画』自体は賭博罪に該当しない,という見解です。 オンラインカジノについては,リアルな旅行と同じとは限りません。 次に『賭博罪の性質』という視点からも眺めてみます。

IR*ゲーミング学会

Goo 34 - 11.

【国内犯解釈論×賭博罪|オンライン・カジノ|海外サーバー】 | 企業法務 | 東京・埼玉の理系弁護士

Speed Meister- 40supercar evolution 21. 20 MONDO MOTORS Car Evolution 80's. REVSPEED TV 5. 2nd --. GP.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*