すべて クロニクル オンラインの安全性マニラカジノ

フィリピンのIRカジノ施設・オカダマニラでポーカーの国際大会『マニラオープン』が11月1日~11月4日に開催 - SANKEIBIZ(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

オンラインの安全性マニラカジノ – 848427

外国企業 誘致。

フィリピンカジノは安全?治安は良い?マニラ&セブ島

カンボジアのオンラインゲーミング禁止宣言、そしてロドリゴ・ドゥテルテ政権によるフィリピン・オフショア・ゲーミング・オペレーター POGO ライセンス制度の見直しを、アジアのオンラインカジノの終わりの始まりだと見ている人がいる。しかし、中国大陸からの圧力への対応が最近変化してきたことは、同セグメントにとってはむしろ始まりの終わりを意味しているのかもしれない。 専門家たちは、特にマカティにあるPOGOライセンス保有企業のスタジオからのライブ・ディーラー・オンライン LDO ストリーミング、またはカンボジアのカジノフロアからのオンラインプレイが、シアヌークビルでのリゾート建設の爆発的増加と相まって、当局にと って見逃すことのできない状態になっていると見ている。 今後、オンラインゲーミングの投資、雇用、収益などの恩恵を受けたい政府は、監視を拡大させる方向に向かう可能性がある。より厳しい規制や課税があれば、成長に向けたより安定したプラットフ ォームを提供しながら、批評家たちの懸念に対処することができるだろう。また、関係者の話では、事業者がいる地域では合法であるが、プレイヤーの所在地で必ずしも合法ではないというオンラインゲーミングの現在のグレーな市場形態は、これからも続けていく方法を見つけるだろう。ただし、今まで以上に目立たずに。 どうやらその数字は巨大なようだ。複数の情報元が、オンラインゲーミングとプロキシー・ベッティングを含む越境カジノ市場がアジアのランドベースカジノのゲーミング粗収益を追い越し、今や億米ドル 約5兆3,億円 を超え、その大半が中国から流れてきていることを示している。 グローバル・マーケット・アドバイザーズのシニアパートナー、アンドリュー・クレバナウ氏は、「小売決済を装うこれらオンライン上での賭けは、国外への金の動きを監視・制限する 中国 中央政府の能力の穴を浮き彫りにしている。POGOやLDOもまた、広範囲におよぶ中国の一般大衆をターゲットにしており、この形式の娯楽ギャンブルに参加できる必要資金を持ち合わせている裕福な個人だけでなく、労働階級の国民もその中に含まれている」と話す。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

マニラは正式には、行政区として独立する16の市から構成されており、この16の市を総括して 「マニラ首都圏」 あるいは、 「メトロ・マニラ」 と呼びます。 近年は 取り締まりが厳しくなった ので、賄賂を要求されるようなことはおそらくないと思いますが、闇喫煙所の斡旋などを行い賄賂をとろうとする、という話もききますので注意は必要。

オカダマニラ13連泊中 ギャンブル生活赤裸々レポート (フィリピンカジノで1万5千円スタートクラップス稼働チャレンジ)

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*