すべて 宝くじ 入金条件つき高速スロット

独占禁止法違反となる共同研究開発後の拘束条件付取引とは

入金条件つき高速スロット – 484759

President Uhuru Kenyatta Waters a Tree He Planted at Kenyatta National Hospital。

共同研究開発と独占禁止法

競争関係にある事業者同士が共同研究開発を行う場合には、研究開発競争を停止する側面があり、不当な取引制限として独占禁止法上問題となる場合があり得ますが(「 業務提携が不当な取引制限となる場合 」参照)、競争関係にない事業者間では、研究開発の共同化自体が独占禁止法上問題となることは通常ありません。  しかし、競争関係にない事業者間の共同研究開発であっても、共同研究開発後の成果の実施に関する取決めに関して、当該取決めによって、共同研究開発に参加した事業者の現在または将来の事業活動を拘束する場合で、それにより公正な競争が阻害されるおそれがある場合には、当該取決めは、不公正な取引方法のうち「 拘束条件付取引 」( 一般指定12項 )等に該当し、独占禁止法に違反することになります(独占禁止法違反となった場合の法的措置については、「 独占禁止法で禁止されている『不公正な取引方法』とは 」を参照)。 拘束条件付取引とは、取引の相手方の事業活動を拘束する条件を付けた取引のことをいい、拘束の手段・内容に限定はありません。したがって、様々な行為が拘束条件付き取引の「拘束」に該当しますが、その全てが独占禁止法に違反するということではなく、 「不当に」行われた場合(公正競争阻害性が認められる場合)のみが独占禁止法違反 になります。 製品メーカーが部品メーカーから部品を購入する際に、その部品を使用して自社製品と同様の製品を製造販売することを禁止するなど、取引の相手方に対して自己の競争者(潜在的競争者を含む)となることを禁止するような場合が、競争者排除型の行為となります。  このように、拘束条件付取引には、競争回避(停止)型と競争者排除型の行為がありますが、公正競争阻害性の内容は、以下の図で記載したとおり、問題となっている行為が競争回避(停止)型か競争者排除型かで変わってくることになります。

Clean Transportation

すべての機能を利用するためには、設定を有効にしてください。詳しい設定方法は「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*