すべて 宝くじ 新世代ギャンブル横浜誘致IRカジノ

IR(統合型リゾート)の実現に向けた民間事業者からのコンセプト提案募集について

新世代ギャンブル横浜誘致IRカジノ – 940316

キーワード: 検索。

このページへのお問合せ

横浜市ホームページではJavaScriptを使用しています。 JavaScriptの使用を有効にしていない場合は、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。 お手数ですがJavaScriptの使用を有効にしてください。 横浜市は、今後想定される人口減少や超高齢社会の進展などによる社会経済状況の変化においても、将来にわたり成長・発展を続けていくための一つの手法として特定複合観光施設区域整備法(平成30年法律第80号。以下「IR整備法」という。)に基づき「山下ふ頭」において特定複合観光施設区域(以下「IR区域」という。)の実現を目指しています。  このため、IR整備法に基づき策定する実施方針の参考とするため、IR区域の整備を実施する意思を有する民間事業者からコンセプト提案を募集(Request for Concept。以下「RFC」という。)します。

IR(統合型リゾート)のページ一覧

カジノIRジャパン関連記事: ・日本各地の動向 IR誘致レース~各地における政治、行政、経済界の動向。3ヵ所の席を巡る競争(年12月~) ・横浜市の動向 IR誘致レース~横浜市の動向。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 誘致レース()横浜市=市IR担当 ギャンブル等依存症の調査実施~市民人面談 。

新世代ギャンブル横浜誘致IRカジノ – 944309

誘致レース(860)横浜市=市IR担当 ギャンブル等依存症の調査実施~市民3000人面談

カジノ誘致に舵を切った横浜市 (令和元)年8月20日、朝刊を広げると、1面トップに「横浜市 カジノ誘致へ 山下ふ頭候補 市民反対強く」(東京新聞)の大見出しが飛び込んできた。2年前の市長選で「 カジノを含むIR誘致は白紙 」の立場だった林文子(はやし・ふみこ)市長が、ここにきて「IR誘致」に舵を切ったということか。その真意とは・・・。 翌日、横浜市政策局秘書課報道担当に、IR誘致を表明するという林市長の定例会見の取材申し込みの電話を入れた。 電話口の女性は、「林市長定例会見への出席は市政記者クラブの幹事社に聞かないと答えられない。今回、会見への申し込みが多く、当日、抽選が行われる予定で当たらなければ、中には入れません」と話した。 定例会見は、22日。ともかく、IR誘致の真相を調査すべく市役所に向かうことにした。内心、くじ運の悪い筆者は当たるはずもないだろうなと思いつつ・・・。 8月22日12時半過ぎ、関内駅に着くと、IR誘致反対派の市民が、「林市長のカジノ誘致は反対です」を訴えて、人だかりができていた。 IRを担当する政策局   メディア控室には集まったのは記者クラブに属さない8人。 職員の話では、8人の内2人の記者はすでに会見を取材できるということで、6人で抽選を行った。会見に参加できるのは5人という説明を受けたが、「1人だけ排除するのではなく全員会見に入れるようにしてほしい」という記者側からの要望を受け、全員参加できることになった。報道担当者から「質問は市政記者のみ、記者たちの写真は撮らないように」などのお達しを受け、会見室へ行く。 記者・カメラマンの人数は70人ほどか、テーブル席と丸椅子が用意されていた。記者クラブ外の私達記者は後ろのオレンジ色の丸椅子に座るように指定された。 ちなみに、市政記者とは記者クラブに属している記者のこと。記者クラブは、マスコミの上部団体、一般社団法人日本新聞協会加盟の新聞社・通信社・放送局により構成され、中央省庁・国会・政党・地方自治体などに置かれている。加盟外のメディアやフリーランスジャーナリストの記者会見への参加は、ネット時代の今日にあっても、拒否されることがある。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*