すべて お金 ゲームの確率計算数字選択式宝くじ

編集長石川のビンゴ5予想

ゲームの確率計算数字選択式宝くじ – 407701

あなたはご存知だろうか? 昨年年に登場した「 ビンゴ5 」なる数字選択式宝くじのことを。ロト6にロト7にミニロトにナンバーズ……の仲間として登場したビンゴ5だが、どうもルールが独特なので、静観している人も多いのでは?

ナンバーズ/NUMBERS (数字選択式宝くじ)

各確率の計算過程や内容は、出来るだけ解りやすく解説するように心掛けました。 当コンテンツについてご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

【ビンゴ5】攻略法~足して「41」になる組み合わせ~

ロトやナンバーズをマクロで分析して、マクロ作成スキルを身に着けながら当選する。 w でも当選しなくても、マクロの知識を得るにはマクロでロトやナンバーズ分析は最適かも知れませんね!

ビンゴ5のイメージは、自分で数字を選べるビンゴ

ロトの予想方法は数ありますが、ロトの確率が低くなる予想方法があるとしたら素晴らしいことだと思いませんか。はっきり言ってロトの予想は現在の科学では不可能なのです。もちろん、統計学などの科学的方法を用いればある程度の予想は可能です。 最近ではロト業界で名前が出てくるようになった、青蔵聖人という人物がいます。 青蔵聖人が開発した理論の「 東大式第六限定法 」は本当にロトの確率を下げることが出来るのでしょうか。この記事では「東大式第六限定法」を検証します。この記事を読めば「東大式第六限定法」を使うかどうか判断することが出来るようになります。 最近、ロトの情報サイト界隈で話題になっている人物がいます。その人物の名前は 青蔵聖人 。なんか変な名前ですよね。今回はこの人についてネットの情報を頼りに調べてみました。はっきり言って、名前からすでに怪しい感じがします。でも筆者はそんな怪しい感じの人を追求するのが大好きです。ということで、行ってみましょう。 ネット情報によると青蔵聖人はなんと東京大学出身の理系男子のようです。そんな優秀な頭脳の持ち主なのに、なぜか学生の間に休学してまで海外を放浪する旅をしていたようですね。その中でもチベットでの滞在は青蔵聖人さんに大きな影響を与えたようで、本人曰く神秘的な体験をしたということです。チベットでの経験を元に、東京大学に帰ってきてから得意の統計学と宗教学をミックスさせて、独自の数学の理論を確立させました。その名も「 東大式第六限定法 」。この方法を用いれば不可能とされていた、出現数字の予想が可能になるのです。 青蔵聖人が開発した「東大式第六限定法」。この理論の正しさを証明したのは、東大卒業時の学位論文です。 彼の学位論文によると、ランダムに振られたさいころの出た目をこの方法によって予測すると、計算上の確率よりもかなり高い確率で出た目を当てられたのです。 実験内容として、全部で1から6までの数字が書かれたさいころを8回振り、その数字を当てるというものでした。すべての数字が的中する確率は6の8乗となり1,分の1です。 はっきり言って天文学的な数字です。しかしながら、青蔵聖人は自身で開発した「東大式第六限定法」を用いてその確率を約16,分の1までに下げると宣言したのです。スタッフの援助も合わせて青蔵聖人は8,回目に見事数字を的中させました。青蔵聖人が宣言した確率よりも早く数字を当てましたが、本人曰くこれは「たまたま」ということでした。 青蔵聖人はフリー麻雀荘に友人と一緒に行った時に、対戦結果をほとんど言い当てたとのことです。 友人が麻雀卓につく前だったので、かなりの伝説になっています。ちなみにこの情報は青蔵聖人の友人からの情報と言っていますが、何ら証拠は残っていません。あくまで伝説だということです。もしも、本当だったら桜井章一のようなレベルになってしまいますよね。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*