すべて お金 ゲーミングクラブ韓国カジノ

GAMING CLUBオンラインカジノへようこそ!

ゲーミングクラブ韓国カジノ – 945526

韓国のカジノといえばやはり「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」(旧:パラダイスウォーカーヒルカジノ)でしょう。日本語が堪能なスタッフが多いどころか、なんと入り口には日本人専用受付まであるんです! 外国語が苦手な日本人にとっては最もありがたいサービスと言えるかもしれません(笑)。

小さめカジノだけど、日本人客が多くて安心

ムン氏の任期終了前にオープンが予定されている改装には、リュ ージュトラック、吊り下げ式のガラス歩道そしてショーができる噴水などが含まれている。「炭鉱文化公園 Coal Mining Cultural Park 」も開発中だ。 カジノへの訪問は、受付で身分証明書を提示することから始まる。韓国人なら、9,ウォン 約円 の入場料を支払い、まだ持っていない場合は写真付きのハイワンクラブカードを受け取る。外国人なら、同じ手順だが、自分から言い出さない限りは支払いもカードの発行もないかもしれない。カードには、カジノプレイやハイワンでのその他の消費活動からのポイントが貯まり、リゾート内でポイント交換が可能となる。 韓国人向けには、メインフロアに、3分の2以上がブラックジャックまたはバカラのテーブルが台 外国人用が8台 、ルーレットテーブルが12台、その半分の台数のシックボーテーブルが用意されており、その全てにツインベッティング 席についていない人がプレイ中の人の手に賭けを行う レイアウトがある。加えてカジノウォーやスリーカ ードポーカーなどの他のゲームも少しだけ設置されている。メインゲーミングフロアでのミニマムベットは1,ウォンスタートで、カードゲームは大半が5,ウォンと10,ウォンに設定されている。最大ベットは50,ウォン 約4,円 から,ウォン 約27,円 の間となっている。 Summitas ClubのVIPエリアには20台のテーブルが置かれており、16台がバカラ用、4台がポーカー用となっている。江原ランドは、平米の広さを持つクラブでの「メンバーシッププレイ」について口を滑らせることはしないが、VIPはプレイ中に部屋と食事以上の物を提供されることはないと断言しており、チップ購入へのリベートがないことはもちろんのこと、絶対に与信もないと話す。VIPにはより高いリミットやコンシ ェルジュショッピングなどの特別なサービスも提供されると言われている。VIPは昨年、15年前のカジノの総収益の3分の1以上となるゲーミング粗収益の15。 主流であるマカオやマニラのカジノと比べて、江原ランドのブラックジャックには他にもいくつかの特異な点がある。サレンダーは使えない。これら非常に熱心なプレイヤーの中で降参を考える人はあまりいないのだろう。スプリットでのブラックジャックではイーブンマネ ーのみの支払いとなる。

最強のソフトウェアで構築!

インドでは年連邦「公共賭博法」(Public Gambling Act)により原則賭博行為は禁止とされ、年の「情報技術法」(Information Technology Act)においてもインターネット賭博は禁止されている。例外としてロッテリー、ベッテイング及び競馬は、別途特別立法措置により限定的に認められ、一部州で提供されているのが実態となる。但し、現実的には様々な形での違法賭博が横行している模様でもあり、スポーツ・ベッテイングやカード・ゲーム等は大都市では非合法裏に行われ一般化しているとされ、平均的インド人の賭博志向はかなり高いといわれている。 テニアン島 のカジノは年の住民投票により「年改定カジノ・ゲーミング法」が制定され、制度化されたことを嚆矢とする。もっとも、年にできたのは、小規模カジノのみで、顧客を惹きつけることはできず、事業としては失敗した。その後年に再度暫定的なカジノが許可されたが、1年もたたずに、これも失敗。単純小規模施設では地元住民しか顧客は期待できず、観光振興以前の問題でもあった。本格的なカジノ・リゾートの設置は年に、香港資本であるHong Kong Entertainment Overseas Investments Ltdに対する行政府によるライセンス付与により、ラスベガスタイプのデイナステイー・ホテルの施設整備が実現し、初めて可能となった。税率は粗収益に対し13%、収益はテニアン政府の歳入に充当され、公共福祉・教育等に支出される。規制機関としてのテニアン・ゲーミング管理委員会があるが、必ずしも精緻な監視や規制を行っているわけではない。爾来、日本、韓国を始め、極めて限られた一定の国の顧客層を集客できるに至っているが、規模は極めて限定され、限られた顧客層にとっての限られた市場でしかないというのが現実になり、マス・マーケットとしては成長できていない。やはり、観光客の物理的集客力が無いことが最大のネックになっているといっても過言ではない。またデイナステイー・ホテルにおけるカジノ施設も一部縮小化しており、今後の可能性に関しては不透明感もある。 内、首都プノンペンの施設のみが高規格施設として知られており、マレーシア華僑がオーナーとなり、香港株式市場に上場しているNaga Corp社が設立したNaga World Casinoと呼称する1。 尚、国境に位置したカジノ施設とは、カンボジア・タイ国境(ポイペト市, Poipet)、カンボジア・ベトナム国境(バベット市,Bavet)に位置した宿泊施設を併設したカジノ・ホテルである(ポイペトはバンコックから車で3時間、アンコールワットから車で3時間の距離にある。バベットはホーチミンから車で1時間、いずれも、隣国からはアクセスが容易な地点となるが、カンボジアの首都プノンペンからは、かなりの距離になる)。国境周辺カジノは、隣国であるタイやベトナムではゲーミング賭博が認められていない事実に依拠した上で、この事実に寄生し、隣国の顧客を奪い、消費させるというビジネス・モデルになる。この意味では施設も、サービスも国際レベルではありえないし、諸外国の旅行者が訪問する滞在型リゾート施設的性格があるとは到底判断できない。かつまた国境カジノ施設の許諾ライセンスは資金を多く出せた主体に付与された模様でもあり、会計帳簿をつけているのか否かも疑わしい。限りなく不透明な慣行でカジノ施設の運営がなされていることが現実でもあろう。一方、隣国との国境紛争を巡る関係悪化によっても、顧客数は激減することもあり、年9月、11月荷はバベット市の二つのカジノ施設が資金難に陥り倒産している(VIP Casino, Winn Casino)。これら国境カジノはいずれも健全な経営をしているとは到底判断できない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*