すべて 組織 カジノリゾート参入方針リールラッシュスロット

ユニバーサルエンターテインメント

カジノリゾート参入方針リールラッシュスロット – 773271

日本にもカジノができるという話題で先乗りした企業があります。それが バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコ) です。一歩先にカジノ向けゲーミング機器を北米向けにリリースしており、今後も同社のカジノ関連の話題から目が離せません。バンダイナムコのカジノ関連情報に関して、ご紹介いたします。

パチスロのユニバーサルE、マニラでカジノ建設起工式

株式会社ユニバーサルエンターテインメント は、 日本 の パチンコ 機や パチスロ 機、 ゲームソフト などの大手製造メーカーである。 パチスロ 機の大手メーカーで、ミズホ、エレコ、メーシー、アクロス [2] 、ユニバーサルブロスをあわせた6社で パチンコ ・ パチスロ 機の製造・販売を行っており、これら子会社のパチスロ機種も、「ユニバーサルブランド」として認識されている。また、エンターテイメント業界自体にも強みを持ち、映画・格闘技などのイベント主催・協賛などを数多く行う。 Run Run 」の日本版である年の「スーパーピエロ」が旧ユニバーサルブランド最後のビデオゲームとなった。 その後、アルゼ時代に再度 アーケードゲーム 市場に参入し、後述の「ぷらっとネット」対応作品や、買収した セタ のマザーボードである Aleck64 対応のタイトルを数作出すものの、再度撤退している。同じくコンシューマー機には主にパチスロ移植作品をリリースする目的で プレイステーション 後期にようやく参入し、精力的にパチスロシミュレーションゲームを世に送り出した。子会社の日本アミューズメント放送ブランドで発売された作品もある。それ以外のジャンルとしては ノーチラス (年12月に解散済)が開発した「 シャドウハーツ 」シリーズがあったが、アーケードゲーム業界から撤退と同時にコンシューマー作品のリリースが途絶えている。

パチスロのユニバーサルE、マニラでカジノ建設起工式

PICK UP.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*